適応障害で休職。絶対に読むべきオススメの本。

適応障害
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。やっつんです。

今日は最近読んだ本で
とても共感した本を紹介します。

最近の私はというと
教師を辞めてからというもの

やりたいことが何なのかわからず
転職を繰り返し

人生って本当に難しいな
そう感じています。

そもそも適応障害について
何もわかっていなかったな・・・

そう思い
本でも読んで
勉強してみようかな。

こうして
ある一冊の本に出会いました。

1.『なんで私が適応障害!?暗闇の中で光を見つけた私』

こちらがその本です。

著者は乃樹愛さんという方です。

新卒入社してすぐに適応障害を
発症してしまい退職。

現在はマンガ家。

広告マンガなどを
手がけているそうです。

2.適応障害でも、とても読みやすい。

私は最初にも言ったように

勉強してみようかなって思って
本を探していました。

自分をもっと理解したい・・・

なんで適応障害に
なってしまったんだろう・・・

適応障害を治すには
どうしたらいいの・・・

ある程度、活字の本を
読まなければいけないと
覚悟していました。

ところが

乃樹愛さんの本に
出会ってびっくり

【マンガ】だったんです。

1時間ほどで
あっという間に
読みきってしまいました。

共感できる部分が多く

夜中に読んでいたのもあって
(やめたほうがいいです)

涙が止まらない・・・

あぁ、自分だけが
悩んでいるんじゃないんだな

同じように悩んでいる人がいる

そう思うだけで
私の気持ちはラクになりました。

3.まとめ

なんで私が適応障害に
なってしまったんだろう

なってしまった経緯は
人それぞれだと思います。

私もまだ完全に治ったわけでは
ないと思っています。

でも

やれることを
少しずつやっていきたい
と思っています。

私のように
適応障害で苦しむ方が
少しでも元気になってほしい

それは著者の乃樹愛さんの思いにも
繋がっているかと思います。

あなたは1人じゃありません。

一緒に前に進みたいですね。

タイトルとURLをコピーしました